失敗しない総量規制対象外ローンの選び方

2010年月より導入された総量規制により、消費者金融から借り入れをする場合は年収の3分の1しか借りられないようになりました。しかし、銀行から借り入れをする場合は、それ以上の金額を借り入れることもできます。それは非常に大きなメリットと言えますが、実際の借入限度額は、年収などから銀行側が決定するため、借りたい放題と言うわけにはいきません。これにより、総量規制と言われているものではない融資とは言っても、他の条件次第では、そのメリットを生かしきれないこともあるため、注意が必要となります。

総量規制対象外ローンを利用する際に、最も注意しなければならないことは、借り入れの条件です。基本的に、銀行は消費者金融よりも借り入れの条件が厳しく、特に安定した収入を得ていることが重視されるため、フリーターや自営業者の場合は審査に通ることが難しくなります。ただし、もちろん銀行ごとに審査の通りやすさの差はあるため、比較サイトなどを利用して、審査に通れそうな総量規制対象外ローンを探してみることが推奨されます

審査に通りそうな総量規制対象外ローンを見つけたら、まずは金利に注目してみましょう。これは、言うまでもなく、金利が低い方が、支払う金額が少なくなるためです。そのため、審査の通りやすさが同程度であれば、金利が低い方を選択することが推奨されます。これ以外には、何らかのキャンペーンによる特典の付与を行っていることもあるため、それも確認しておいた方が良いでしょう。